NucleusなどのオープンソーステクノロジとAdobe社のアプリケーションの研究ブログ

Information

2007/11/04

11/4はAdobe MAX Japanのレポートアップ日です。

2日目:Adobe MAX Japan 2007

Category:etc , flash | writer: RsStduio |

二日目は申し込んでいなかったこともあって、9時半前に言ってたにもかかわらず特別講演を聞かずに、受付前で無線LANを使ってました。無線LANの状況ですが2日目はかなりマシになっていたようです。ただ、昼以降はあまり調子が良くなかったような。あのソファーは大変座り心地が良かったです。

また、スゴロク表彰式?授賞式?も取っていなかったので、こちらは参加せずにmixi内で誘い合わせて飲みに行ってました。そこで話した内容もまたFlashとMAXの話。どこまで好きなんだかちょっと自分が心配に。

2日目に取ったセッション

詳細は続きにて

1日目後半:Adobe MAX Japan 2007

Category:etc , flash | writer: RsStduio |

一日目後半に参加したのは

「Flash PlayerクロスドメインセキュリティとAIRセキュリティモデル」と「必見!海外でのAdobe Mobile & Device、そして日本でのモバイル機器向け放送におけるFlash」の詳細は続きにて。前半は別の記事で紹介してます。

1日目前半:Adobe MAX Japan 2007

Category:etc , flash | writer: RsStduio |

一日目に参加したのは

「RIA meets PDF:Form Guide使いこなし術」と「モバイルコンテンツ制作の効率化、そして楽しくなる方法」の詳細は続きにて。残りは別の記事で紹介予定。

行ってきました!Adobe MAX Japan

Category:etc | writer: RsStduio |

11月1日11月2日と2日間のイベントに参加してきました。

当日のスケジュールと各レポートは次の通り(クリックすると記事へとなる予定)

1日目2日目
午前基調講演(特別講演:参加せず)
13:00〜RIA meets PDF:Form Guide使いこなし術Webクリエイターのための映像制作ガイド
14:20〜モバイルコンテンツ制作の効率化、そして楽しくなる方法楽天が考えるデスクトップアプリケーションの可能性
15:50〜Flash PlayerクロスドメインセキュリティとAIRセキュリティモデル求む!デザイナーによるアプリケーション開発)
17:10〜必見!海外でのAdobe Mobile & Device、そして日本でのモバイル機器向け放送におけるFlashFlashで創るコラージュアニメーション
18:40〜Sneak Peek(スゴロク授賞式参加せず)

国内でSneakpeekがあるのは初で、それが一番の目当てで参加しました。

ただ、AdobeといえばFlashと言う気もするし、AIRも大変楽しみなのですが、HTMLなどにももっと目を向けた内容だったら良かったなと思いました。

ブログに書くと言うより公認で撮影をしたかったので二日間とも9:30までに会場へ。Web関係の制作者は朝が遅く自分も例に漏れないので起きられるかどきどきでした。

一部原寸でなくiPhotoの出力したサムネイル画像を使っております。

当日〜基調講演まで

受付あたり

予定通り、9:15くらいに会場へ。受付で撮影の申し込みをすると腕章をもらえます。ブロガー登録してないと駄目なのかと思いきや、ここで撮影の申し込みをすればどなたでも撮影ができる状態だったようです。どう見ても許可なしの人もいたし、録音してた人もいましたが(^^;

会場準備は受け付け開始と同時に完了するわけではないようで、受付周辺にて参加者は談笑したりスケジュールをチェックしたりと時間をつぶしていました。スケジュールとセッション会場の場所は受付付近でも確認が出来ます。

開場図

受付付近と無線LANが使えるとのことでしたが、この日はなかなかIPアドレスが取得できず、実際にAdobeMAX専用無線LANを1日目で使った人は少なかったようです。私もパソコンの代わりに、PSPを持ち込んでネットを見ようと思っていたのですが、結局あきらめることになりました。

会場の事情はさておき、mixiでつながるFlash関係の方は撮影目当ての方もそうでない方も皆さん早いようで、基調講演の前に知っている方にはあえてしまってました。

長いので続きにせず分割

基調講演:Adobe Max Japan 2007レポート

Category:etc , flash | writer: RsStduio |

まとめて読みたい方は、AdobeoMAXJapanのレポートINDEXへ(作成中)

基調講演

基調講演会場進行するケビン・リンチ氏

ケビン・リンチ氏による進行でした。氏が進行したことでも明らかなように、基調講演はFlash中心のインターネットよりのお話。Adobe MAXはまさにMacromediaが持っていた系統のイベントで、Macromedia時代以上にFlash寄り。(X)HTML中心な方にはそれほど関心のある話題は多くなく、また、Adobeと名前がついていても印刷関係の人は来ていなかったのでしょう。Adobeのイベントは参加したことがほとんどないのですが、Adobeは旧Macromediaの目指した方向と同じ物を目指したのかなぁと感じさせる内容でありました。実際、いろいろな物がMacromediaとの融合の元に変わってきているようです。

基調講演で印象に残った言葉は、「Create an Experience Not a UI」

自社のテクノロジーの話を始める前にあったAdobeからのメッセージ内にあった言葉です。

「コンテンツが重要」「パーソナライゼーション」「少ないことは良いことだ」「動きに意味を持たせよう」「創るのは“UI”ではなく“経験”」

創るのは

現場の制作者がひしひしと感じてる言葉だと思います。ユーザ中心のデザインよりもより具体的な気も。

自転車レースの模様をみせるWebサイトを例にして

自転車レース

長いので先にまとめるとこんな感じになります。 詳細は続きにて関心度順に。

« Previous | Next »

↑goto pagetop

word search

Author RsStudio | Nucleus CMS v3.31SP1 | Valid XHTML 1.0 Strict | Valid CSS

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このworkの一部は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。